介護分野に特化した外国人技能実習生の受け入れ
  • HOME »
  • 実習生受入れ

実習生受入れの方法

受入事前準備

受入れ体制事前準備

【設備】
①事業所(介護職種) 介護職種の技能実習を行わせる事業所は以下の要件が必要
  • 開設後3年以上経過している事業所
  • 介護等の業務(訪問サービス業務を除く)を行う事業所
【人材】
①技能実習責任者 技能実習責任者を事業所ごとに選任
  • 実習計画認定の申請者又はその常勤役職者
  • 技能実習指導員、生活指導員、その他職員を監督できる立場
  • 講習を受ける必要あり(経過措置あり)
②技能実習指導員 技能実習指導員1名以上を事務所ごとに選任
  • 技能実習を行わせる事業所に所属する実習計画認定の申請者又はその常勤役職員
  • 修得させる技能等につき5年以上の経験を有する者
  • 講習を受ける必要あり(経過措置あり)
②-1技能実習指導員(介護職種) 介護職種固有要件
  • 技能実習指導員のうち、1名以上が介護福祉等の資格を有する者(看護師可)
  • 技能実習生5名につき1名の技能自習指導員を選任
③生活指導員 生活指導員1名以上を事務所ごとに選任
  • 技能実習を行わせる事業所に所属する実習計画認定の申請者又はその常勤役職員
  • 講習を受ける必要あり(経過措置あり)

受入れ人数枠

技能実習生の人数枠①

受け入れることが出来る技能実習生は、事業所単位で、介護等を主たる業務として行う常勤職員(常勤介護職員)の総数に応じて設定(常勤介護職員の総数が上限)した数を超えることができません。

法務大臣及び厚生労働大臣が継続的で安定的な実習を行わせる体制を有すると認める企業単独型技能実習も同様

技能実習生の人数枠②

事業所単位とは…?
介護保険の指定事業者としての事業所番号に基づく事業所単位のことです。

常勤介護職員とは…?
常勤換算方法により算出するものではなく、実習実施者に継続的に雇用されている職員(いわゆる正社員を言うが、正社員と同様の就業時間で継続的に勤務している日給月給者を含む)であって、介護等を主たる業務とする者を指します。(事務職員や就労支援を行う職員、看護業務を行う<准>看護師はこれに含まない)

受入れのフロー

  • 当組合への加盟(審査あり)

  • 面接申請(人数、条件など、求人票の提出)

  • 面接(現地にて実施、国の文化含めてご確認いただきます)
    ※合格者との雇用契約書の締結

  • 合格者の入国前研修の実施
    (介護職種の場合、日本語検定N4 相当の取得が入国要件)

  • 技能実習計画認定・在留資格「技能実習」取得のための手続き開始
    ※個別実習計画を策定

  • 入国準備(宿泊施設等の受入れ準備)

  • 入国(入国後講習 約2 カ月間程度)

  • 配属(実習開始)

TEL 047-424-1933 お気軽にお問い合わせください
受付時間 平日9:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 首都圏国際交流協同組合 All Rights Reserved.